• Japan XR Science Forum 2020

「異分野融合 X HFSP」 Powered by UJA 川又理樹/九州大学


川又理樹

九州大学 助教


発表演題: 細胞内でのゲノム編集イメージング

ゲノム編集はゲノムの狙った場所に傷(変異)をつけて遺伝子の機能を失わせたり、逆に自分でデザインした配列をそこに組み込む(編集する)ことで個々の遺伝子の機能を調べたり、遺伝性疾患の治療などに応用できます。しかし、染色体は父親と母親由来の2対あるため、CRISPRは各染色体に作用するチャンスがあるわけですが、CRSIPR活性と父・母染色体への作用効率の関係は明らかにされていません。この謎を調べるため、今回は各染色体におけるCRISPRの作用をリアルタイム且つ1細胞レベルで見える化させる技術と、将来への応用性について発表します。

24回の閲覧

© 2020 UJA & Cheiron Initiative

UJA-logo-circle.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン
Cheiron_Logo_Final_20190723.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン