• Japan XR Science Forum 2020

「細胞 X 最新研究」Powered by 大鵬イノベーションズ 妹尾彬正/Wayne State University


妹尾彬正

Visiting Professor, Wayne State University


発表演題: がん幹細胞の作り方

 がんは昔から多くの人々を苦しめているにも関わらず、未だ完全には理解されておらず根治療法も見つかっていない重大な疾患である。遺伝子解析技術の進歩によりいくつかのがんは遺伝子変異により生じることが明らかとなったが、多くのがんは原因不明のままである。近年「がん幹細胞」と呼ばれる細胞ががん組織中に存在していることが明らかとなってきた。これらの細胞はがんの薬剤耐性や転移・再発に大きく関与していることが分かってきている。しかしながら、がん幹細胞はがん組織中にわずかに存在するのみでその解析は他の大部分を占めるがん細胞のようには行われていないのが現状である。

 このがん幹細胞を作成することにより、その解析を進めようとする動きがある。がん細胞を初期化したり、iPS細胞にがん化を起こすような遺伝子変異を加えたりすることでがん幹細胞を作製する技術も見いだされている。だが、これらは生体内で必ずしも起こっているとは考えられにくい。そこで我々は幹細胞の培養環境を変えることによりがん幹細胞を誘導するという手法を見出した。この手法により誘導されたがん幹細胞を用いることで、これまで明らかにされていなかったがん幹細胞の性質が明らかにしつつある。ポスター発表にてそれらの性質を紹介させていただくのに対し、このショートトークではがん幹細胞の誘導方法や、誘導したがん幹細胞を用いたドラッグスクリーニングについて紹介する。


27回の閲覧

© 2020 UJA & Cheiron Initiative

UJA-logo-circle.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン
Cheiron_Logo_Final_20190723.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン