「免疫アレルギーX 皮膚」Powered by LEO Science & Tech Hub 座長 貝沼圭吾

貝沼圭吾

医療法人悟りの会貝沼内科 院長


発表演題:免疫アレルギー疾患研究10か年戦略について

日本において国民の約2人に1人がなんらかの免疫アレルギー疾患を有しているとされ、その対策は急務となっている。そうした中、平成26年に成立したアレルギー疾患対策基本法に基づいて、平成31年には厚生労働省から『免疫アレルギー疾患研究10か年戦略』が発出され、この内容に沿って、疾患克服に向けた研究を推進しているところである。この研究戦略は、『本態解明・社会の構築・疾患特性』という3つの戦略を柱として、免疫アレルギー疾患の発症予防・重症化予防・防ぎ得る死の根絶に向け、産学官民の連携と患者参画の重要性を示している。そこで、本セッションに合わせ、この10か年戦略について概説する。

© 2020 UJA & Cheiron Initiative

UJA-logo-circle.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン
Cheiron_Logo_Final_20190723.png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり
  • LinkedInの社会のアイコン